About

「ハンマーヘッドスタジオ新・港区」は、横浜市文化観光局の委託を受けてNPO法人BankART1929・新港ピア活用協議会の共同事業体が運営する、期間限定のクリエイターの活動拠点です。公募・審査を経た50組を越す個人・チームが、巨大な空間を共有しながらそれぞれ活動しています。

活用期間

2012年5月18日〜2014年3月

新港ピア活用協議会構成メンバー

佐々木龍郎(協議会代表/佐々木設計事務所)、矢内原充志(協議会副代表/スタジオニブロール)、三浦経良(協議会監事/横浜市職員OB)、佐藤まいみ(DDDディレクター)、市村作知雄(アートネットワークジャパン会長)、丸岡ひろみ(PARC理事長)、加藤弓奈(急な坂スタジオ館長)、岡田 勉(象の鼻テラスアートディレクター)、山野真悟(黄金町エリアマネジメントセンター事務局長)、北川フラム(妻有大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭ディレクター)、杉崎栄介(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 担当リーダー)、川俣 正(フランス国立高等美術学校教授)、鈴木伸治 (横浜市立大学准教授)、横山悠(芝浦工業大学教授/横浜市職員OB)、今井信二(横浜市職員OB)、羽藤英二(東京大学准教授)、高橋晶子(武蔵野美術大学教授)、曽我部昌史(神奈川大学教授)、馬場正尊(東京R不動 産ディレクター)、櫻井淳(櫻井淳計画工房)、小泉雅生(首都大学教授)、中島直人(慶應義塾大学専任講師)

Artists

A Zone

  • A1大橋文男

    A1
    大橋文男

    1963年石川県生まれ。現在、東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻後期博士課程在籍。主な展覧会「紙非紙」交流展(中国・北京/中央美術学院美術館/2012) 、「横浜プレビュウ」アペルト(新港ピア/2011)、「エゾ菊」展(東京藝術大学・INAXギャラリー/2011)、「Nippon Connection11.Japanisches Filmfestival」(フランクフルト/2011)、「CAF-N展」(埼玉県立近代美術館/2010)、「小豆島 AIR art project」(香川/2010)、「SPRING BOARD 2010展」 (JR上野駅)、「あさがお展」(旧坂本小学校・台東区/2010)、個 展「うしろ耳で聞こえてくる声」(gallery坂巻/京橋/2010)等。

  • A2建築設計加藤住吉

    A2
    建築設計 加藤住吉

    建築設計加藤住吉は、加藤直樹と住吉かほりからなる一級建築士事務所。共に神奈川大学大学院を修了後、加藤直樹はPOINT勤務(2010年から)、住吉かほりは山本理顕設計工場勤務(2011年から)を経て、2012年に共同設立。建築設計をはじめ、インテリアからワークショップの運営まで、何ごとにも境界線を引くことなく活動することを目指している。

    建築設計 加藤住吉 ホームページ
    http://katosumiyoshi.com/

  • A3原裕介 + 田中大朗

    A2b
    原裕介 + 田中大朗

    建築を中心に、まちづくりからインテリアまで統合的な空間デザインを行う。

    原 裕介
    1978年横浜市出身。2003年早稲田大学大学院修士課程修了。2003〜2005年栗生総合計画事務所、2007年〜design kit設立(主宰)、2010年〜2011年東京大学特任研究員(UDCT副センター長)、2011年〜東京大学生産技術研究 所特任助教。

    田中大朗
    1976年大阪府出身。2002年東京大学大学院修士課程修了(都市デザイン研究室)。2002〜2008年シーラカンスK&H勤務、2008年田中大朗建築都市設計事務所設立、2008年〜東京大学特任研究員(UDCT副センター長)。

  • A3ダンスアーカイヴ構想

    A3
    ダンスアーカイヴ構想

    大野一雄舞踏研究所、NPO法人舞踏創造資源、ピナ・バウシュ・ファウンデーションが、それぞれの所有する、大野一雄、土方巽、ピナ・バウシュのアーカイヴ資料を公開し、また本格アーカイヴ立ち上げに向けて、その構想の議論と研究を行っていく。「舞踏」と「タンツテアター」のジャンルに止まらず、舞踊文化の革新の成果を広く共有し、未来につながる文化財として確立することを目指している。

  • A4スタジオニブロール

    A4
    スタジオニブロール

    代表:矢内原充志。スタッフ:稲毛礼子、神田真琴。ファッションデザイン、アートディレクションの会社です。

    矢内原充志
    ファッションデザイナー。舞台衣裳家、アートディレクターとしても活動。1997年〜2011年アートグループ「Nibroll」衣裳兼アートディレクター。2001年、ファッションブランド「Nibroll about street」設立、2002〜2007年東京コレクションに参加。2011年、メンズブランド「MITSUSHI YANAIHARA」設立。

    スタジオニブロール
    http://www.nibroll.jp/

  • A5aun-public house

    A5a
    un-public house

    アンパブリックハウスは 、天野和俊(天野和俊デザイン事務所/Public House, LLC. 所属)が中心となり始動したプロジェクトとスペースの名称です。グラフィックデザインをベースとしながらも、グラフィックデザインの範疇に収まらないものづくりとそのプロセスを発表することを目的とします。天野和俊(天野和俊デザイン事務所、Public House, LLC.)、有田紀子(Public House, LLC.)、大石尚子(天野和俊 デザイン事務所)、森絵美梨(天野和俊デザイン事務所)

    天野和俊デザイン事務所
    http://kadltd.jp/

    パブリックハウス
    http://pubhouse.jp/

  • A5b両見英世

    A5b
    両見英世

    1982年生まれ。ウェブサイト制作会社を経て、2007年タイププロジェクトに参加。タイププロジェクトが掲げる都市フォント構想を背景に2009年より横浜をテーマにした書体作りを開始。2010年6月2日横浜開港記念日に合わせて「濱明朝体(仮)」の試作を公開。

    両見英世
    http://ryoken.org/

  • A5cIVolli architecture

    A5c
    IVolli architecture

    アイボリィアーキテクチュアは、上海を拠点に活動している永田賢一郎と横浜を拠点にする原﨑寛明による共同デザインラボ。2013年活動開始。

    永田賢一郎
    1983年生まれ。2011年横浜国立大学大学院建築都市スクール(Y-GSA)修了。2008年より403architecture共同主宰。2011〜2012年KUU。

    原﨑寛明
    1984年生まれ。2008年横浜国立大学工学部建設学科卒業。2008年403architecture 共同主宰。2009〜2011年オンデザインパートナーズ。

    アイボリィアーキテクチュア
    http://ivolli.jp/

  • A5-o1窪田久美子

    A5-o1
    窪田久美子

    神奈川県出身。1994年Bゼミスクーリングシステム修了。2010年個展(新宿眼科画廊)、2010、2011年BankART AIR Program参加、2011年「新・港村〜小さな未来都市~」参加。

    窪田久美子
    http://facebook.com/kumiko.kubota.75

  • A5-o2樋口昌美

    A5-o2
    樋口昌美

    1978年神奈川県生まれ。主なグループ展に、アートのちから展(スパイラルホール/2011)、 BankART Artist in Residence 2011(BankART1929)、 ACT OPEN STUDIO 2011(Gallery Comprex)、千代田芸術祭2011(3331 ARTS CYD)等。樋口昌美展(岩崎博物館/2012)。

    樋口昌美
    http://higuchimasami.com/

  • A5-o3珱麻

    A5-o3
    珱麻

    主な展覧会歴に「J_ART_2nd at WAH Center」(2012)、「個展-久遠-」(2011)、「ユ二グラバス色紙展」(2011)、「新鋭作家 vol.3」(2011)、「ILLUSTRATORS 2011」、「ユ二グラバス小品展 」(2011)、「The 12th Workshop OM Prints Exibition 〜国際版画交流展〜」(2009)、「Workshop OM Mini-Prints Exibition」(2008)、「WorkshopOMPrintsExibition」(2007)。

    珱麻
    http://ema-z.com/

  • A5-o4ヨコハマ経済新聞 新・港区支局/クリエイティブ・クラスター

    A5-o4
    ヨコハマ経済新聞 新・港区支局/クリエイティブ・クラスター

    ヨコハマ経済新聞
    横浜都心臨海部発のニュースを配信するWEBメディア。スタジオでは普段の執筆・編集作業のほか、スタジオ内の情報発信や新港ピアの歴史を追った特集記事の執筆に取り組む。編集長・杉浦裕樹、駐在ライター・齊藤真菜

    クリエイティブクラスター
    先駆的な芸術表現を様々な文化資源と結びつけることで新たな価値を創造する、岡田智博プロデュースの中間支援プラットフォーム。新たな表現やアイディアをかたちにできる、新しいを掴める多彩なワークショップ等のプログラムを展開。

    ヨコハマ経済新聞 新・港区支局
    http://shinminato-keizai.com/

    クリエイティブ・クラスター
    http://creativecluster.jp/

  • A6川瀬浩介

    A6
    川瀬浩介

    作曲家・美術家。CMの作曲家としてキャリアをスタートさせ、2002年、音と光を用いた作品を発表し、美術家としてデビュー。以来、表現形態を問わず、「間口が広く奥行きのあるもの」を追求している。2009年度には、代表作《ベアリング・グロッケンII》が、第13回文化庁メディア芸術祭アート部門・審査委員会推薦作品に選出された。

    川瀬浩介
    http://www.kawasekohske.info/

  • A6-o安達裕美佳 + 湯浅加奈子

    A6-o
    安達裕美佳 + 湯浅加奈子

    2012年東京造形大学大学院造形研究科美術研究領域卒業。同年ZOKEI賞受賞。「私たちは、互いの作品や沢山の会話の中から共通の言語を見いだしてきました。そこから何か生まれるのではないかと思考を重ね、展開しています。“絵を描く”ことの可能性を探ることが核となり、ある対象について最良の構成を工夫しています。それを様々な媒体を通して見る人に伝達していきます。」

  • A7青山|目黒 新港スタジオ

    A7
    青山|目黒 新港スタジオ

    構成メンバー:青山秀樹、佐々木健、及び企画の都度ギャラリー関係作家2004年に目黒にて準備室設立、2007年中目黒の現住所にて開廊。如何に知覚を更新させ、開放してくれるのかを記す標識の様なギャラリー。2007年、BankARTでの企画展「La Chaine」に参加した田中功起を始め、佐藤純也、ロッテ・ライオン、ユーアン・マクドナルド、チョシル・キル、森田浩彰、津村陽子、佐々木健、青田真也、磯谷博史ほか現代作家の展覧会の企画、セールスにあたる。2008年より横浜にスタジオ開設。

    青山目黒
    http://aoyamameguro.com/

  • A7o長谷川愛

    A7o
    長谷川愛

    IAMASを卒業後、東京、そしてロンドンへ。光をメインに使用する大型パブリック&インタラクティブ アート等のR&Dの仕事に関わった後、昨年イギリスのRoyal College of Art, Design Interactionsを卒業。主にSF的な作品を制作し、最近はデザインの境界を探る展示や、サイエンスとアートのイベントにてトークや展示をしている。

    長谷川愛
    http://aihasegawa.info/

  • A8「 」ラボ

    A7o
    「 」ラボ

    メンバー:木村直樹(建築家)、熊谷 玄(stgk inc.)、鈴木章子(sacko design of␣ce)、鈴木裕治(デザイナー)、関和明 (SHA:関東学院大学建築史研究室)、田畠隆志(ASD)、田畑孝幸(ASD)、伴恵以子(tipacrea ティパクレア)、番場俊宏 (abanba.inc)、湯田剛史(TOL STUDIO inc.)ランドスケープや建築など、空間に携わっているデザイナーが、本業とは少し違った視点で、実験的な試みのデザイン活動を行う場所。

    「 」ラボ
    http://www.lab.sc/

  • A8-o1340

    A8-o1
    340

    スタジオ340は、イギリスの RCA(王立芸術大学院)で出会ったプロダクトデザインの川本尚毅、インタラクティブデザイ ナー岡田憲一の2人と、インテリア小物作家冷水久仁江の3人でつくられたクリエイティブスタジオ。NYやロンドンでも作品を展示するなど活動の軸は国内にとどまらない。それぞれが各々で活動しながらもゆるやかな繋がりをもって活動を行っている。

    川本尚毅
    http://naokikawamoto.com/

    岡田憲一
    http://kenichiokada.com/

    冷水久仁江
    http://www.quniwebsite.com/

  • A8-o2細淵太麻紀

    A8-o2
    細淵太麻紀

    1971年埼玉県川越市生まれ。横浜在住。多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業後、1996年より美術家、建築家等からなるPHスタジオのメンバーとして様々なプロジェクトに参加。2004年BankART1929の立ち上げに関わり、企画制作・運営全般に携わる。編著に『PHスタジオ1984-2002』『美食同源』『アートイニシアティブリレーする構造』等。

B Zone

  • B1ランチパッド

    B1
    ランチパット

    チーム「ランチパッド」のリュウ・リンとフレッド・バフーベンは、米国サンフランシスコから横浜で活動するために移住。リュウは意識に浮かぶ言葉になる前の感情を版にのせ、「モノタイプ」という版画技法で重ねていき、カラーの一点物の版画作品を制作。バフーベンはストリートフォトグラフィーやポートレートで無名の人のもつ鮮やかな存在感を表現の中心に据え、デジタルプリント、及びイメージトランスファーを使った作品を制作。

  • B2BankART AIR 2012 B

    B2
    BankART AIR 2012 B

    BankART Studio NYKで開催しているスタジオプログラム(2012年度)参加アーティストの有志からなる新チーム。現在7人のメンバーで構成。D4bと同じチーム。秋山直子(京都・オランダ出身、写真作品を中心に黄金町で活動中)、宇田奈緒(1983年横浜生まれ、写真)

    秋山直子
    http://www.facebook.com/nao.event

    宇田奈緒
    http://naouda.com/

  • B3鎌田友介

    B3
    鎌田友介

    1984年神奈川生まれ。2011年東京芸術大学美術学部先端芸術表現科卒業、2013年東京芸術大学美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。主な個展に、「クリテリオム86」水戸芸術館(水戸/2013)、「Dimension Distortion Destruction」資生堂ギャラリー(東京/2012)、「D Structure」児玉画廊(東京/2012)、「After the Destruction」児玉画廊(京都/2012)、「other perspectives」トーキョーワンダーサイト本郷(東京/2010)。

  • B4橋村至星 + 三枝聡

    B4
    橋村至星 + 三枝聡

    橋村至星
    New YorkのSchool of Visual Arts BFA学部卒業。New York University大学院スタジオアートMA修士課程修了。個展:Gallery Lara Tokyo、Gallery Side2。グループ展:3331 ARTS CHIYODA、Visual Arts Gallery(NY)、CSID Showroom Gallery Medamoth(スイス)、ベルリン日独センター(ドイツ)他多数。 BankART Studio NYKでAIR3回参加。アーバナート#6佳作、 フィリップモリスアワード、第6回昭和シェル石油現代美術賞、第6回Tokyo Illustration、第12回リキテックスビエンナーレ入選。

    三枝 聡
    美術家。東京造形大学卒。横浜出身横浜在住。Gallery Lara(東京)。Torrance Art Museum、RAID Projects、JAUS Gallery、Mark Moore Gallery(ロサンゼルス)。Moon Gallery(香港)。LaPanaderia(メキシコ)。GalerieWangHohmann(ドイツ)。他多数

    橋村至星
    http://www012.upp.so-net.ne.jp/shiseiart/

    三枝聡
    http://satoshisaegusa.com/

  • B5/6開発好明 + FADs ART SPACE

    B5/6
    開発好明 + FADs ART SPACE

    作家開発好明のスタジオとして作品などを制作予定。また2000年から国立で作家を中心に立ち上げたFADs ART SPACEの活動報告を発行するためアーカイブの整理を行う。

  • B7阿部剛士 + 樫村和美

    B7
    阿部剛士 + 樫村和美

    阿部剛士
    建設技術者・東海大学工学部非常勤講師・美術家。BankART桜プロジェ クト(2009)、BankART AIR Program(2010、2011)、都筑アートプロジェクト(2010、2011)、さかえdeアート(2010)、吉田町アンデパンタン展(2011、2012)、gallery COEXIST 東日本大震災復興支援チャリティーアート展(2011)等。

    樫村和美
    一級建築士、一級造園施工管理士、技術士(建設 部門、都市および地方計画)・美術家。2011年BankART AIR Program参加・作品発表、2011年「新・港村」参加・作品発表

  • B8さとうりさ

    B8
    さとうりさ

    1999年東京芸術大学大学院修了。在学中より作品を用いた「りさ・キャンペーン」を国内外で実施。主な屋外作品に「Player alien」(長野県川上村/2005)、「フォー」(大阪府豊中市/2008)、「かげもしゃ」(千葉県柏市/2010)、「メダムK」(黄金町バザール/2011)、「こはち古墳(1:17)」(ヴァンジ庭園美術館/2012)など。

    さとうりさ
    http://www.risacan.com/

  • B9佐々木里加

    B9
    佐々木里加

    1999年文化庁派遣芸術家国内研修員、2011年文化庁派遣芸術家海外研修員。「佐々木里加展」(日本橋高島屋 /2011)、「THE・女流展」(日本橋三越/2010)、「SENSATION展vol.1〜4」(日本橋高島屋/2006〜2008、2010)、「女子美110周年記念教員展」(上野の森美術館/2010)、「文化庁国民文化祭」2009、「VOCA展」(上野の森美術館/2007)、「Japanese contemporary art展」(ソウル省谷美術館/2007)、「BRAIN FLAG PROJECT」(Potsdamer-Platz in Berlin/2007)、「日韓現代美術特別展」(福岡アジア美術館 /2005、韓国ソウル世宗文化会館/2006)、「損保ジャパン選抜奨励展」(2003)、「佐々木里加展」(青梅市立美術館/2002)。

    佐々木里加
    http://sasakirika.web.fc2.com/rikasasaki/top.html

  • B10PHスタジオ

    B10
    PHスタジオ

    美術+建築+写真家からなるユニット。発足は1984 年。「家具」「家」「都市」「美術」といった既成の枠組みに対して、「棲む」というキーワードでこれらの解体と再読を試みてきている。代表作にダム湖に沈む村で行なった「船、 山にのぼる」がある。ここ数年はBankART1929の活動、各人の活動が忙しく、PHスタジオとしての活動は現在はほとんどできていない。ハンマーヘッドスタジオを機に、チーム再編成も含めて再始動する予定。

  • B11木村有貴子

    B11
    木村有貴子

    神奈川県生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科彫刻修了。動物・架空生物・霊獣をモチーフに、木やワックスを素材とした立体作品を制作。その他にアニメーションチーム・フシギナへの参加等を経て、現在、木彫を主体に制作をすすめている。

    木村有貴子
    http://www.facebook.com/yukiko.kimura.108

  • B12濱中路子

    B12
    濱中路子

    2009年多摩美術大学造形表現学部造形学科卒業。主なグループ展に「根寧煙在」(2006)、「ART IN TAMAGAWA WITH TAMABI」(2007)、「轟∞ダブルボウル」(2008)、「11+1」(2008)、「tomos×benbekeben」 (2008)、「Conceal Meeting」(2011) がある。個展には「私的アナログ放送」(Gallery Conceal /2011)がある。

  • B13劉 功眞

    B13
    劉 功眞

    2007年拓殖大学工学部工業デザイン学科卒業。 2009年神奈川県立平塚高等職業技術校建築CADコース修了。インテリア・プロダクトデザイン事務所を経て現在、斉藤洋氏に師事。主な仕事は内装施工、家具制作他。2007年第39回毎日・DAS学生デザイン賞インダストリアル部門入選。

  • B14椎橋良太

    B14
    椎橋良太

    1979年横浜生まれ。2004年文星芸術大学美術学部彫刻専攻卒業。2006-2007年四谷アートステュディウム在籍。「『死ぬ』ということ、それを前提とした『生きる』ということについて考えながら、立体を主とした作品を制作しています」

    椎橋良太
    http://r-shiibashi.com/

  • B15nitehi works

    B15
    nitehi works

    似て非なる「似ている様で異なる」という意味に加え、そこならではのモノに変換するという意味。すでにある町の中から、見過ごされている「価値」や「資源」を探しています。横浜の下町若葉町にある、同名のアートスペースnitehi worksは、築46年の古ビルを活かし、アートワークでリノベーションした。各ジャンルが交差する場は、そこからの「気付き」を主に活動の動機にしている。 メンバー:稲吉 稔(代表)、渡辺 梓、内藤正雄、阿部太一

    nitehi works
    http://nitehi.jp/

  • B16studio jean + Youkobo Art Space

    B16
    studio jean + Youkobo Art Space

    松本恭吾(代表)、那須孝幸(スーパーバイザー)、木村宗平、日出谷浩伸、森下勇樹、木村亮佑、藤井利貴等、岡山県と接点を持ったメンバーによるチーム。メインコンセプトを「リンク」に、日常的な活動、ワークショップ、イベントを取り組んでいく。「リンク」には、人と人、人と美術、クリエイターと観客、「新・港区」と人を繋げるという意味を込めた。また吉祥寺の遊工房アートスペースと協働し、主に横浜をベースに置くアーティスト(洗川寿華、Krister Olsson他)や、海外のアーティストとのコラボレーションを図りなから、活動を拡げていく。松本恭吾:1974年、岡山県津山市出身。2002年倉敷芸術科学大学芸術学部大学院修士課程修了後、国内外のアーティストインレジデンスに参加し多くの制作を行っている。

    遊工房アートスペース
    http://www.youkobo.co.jp/

  • B17土本亜祐美

    B17
    土本亜祐美

    大学時に、様々な技法のアニメーションに魅了され制作を開始。映像の可能性をさぐりながら、色々な方法を試行し、物語をつくっている。1987年広島生まれ。2011年広島市立大学卒。

    土本亜祐美
    http://www.youtube.com/user/Tsuchimococo

  • B18石塚隆則

    B18
    石塚隆則

    1970年生まれ、横浜在住。見えない「モノ」や「コト」を可愛らしくも生命力あふれる動物的キャラクターにして表現展開。主に絵画や彫刻を制作。近年の個展に「石塚隆則展」(TRAUMARIS/2011)、「夫婦岩」(H.P.FRANCE WINDOW GALLERY/2010)、「霊獣」(nca|nichido contemporary art/2009)など

    石塚隆則
    http://www.ishizuka-hbs.com/

  • B19汎用動力研究所/牛島達治

    B19
    汎用動力研究所/牛島達治

    1980年代中頃より動きをともなった作品を発表し 始める。昨今、「人の思考と行動こそが究極の汎用性である」という理念のもと、更なる可能性を探るべく「汎用動力研究所」という活動を始めた。横浜トリエンナーレ2011特別連携プログラム「新・港村」での活動に引き続き、この場所に制作の場を構える。自らの表現活動を中心に他者との連携も含め、ものを創ることと表現の研究、相互学習による普及等、 諸々の活動を行なってゆく。

  • B20木下直人 + 片桐三佳

    B20
    木下直人 + 片桐三佳

    片桐三佳(画家/成安造形大学・ラ・ジョッチャ美術学校)と木下直人(立体・インスタレーション/京都精華大学・マッサーナ美術学校)はバルセロナで出会う。共に兵庫県出身。2010年にBankART Studio NYKで結婚パーティー開催。ストライプハウスギャラリー(東京)等で個展、グループ展多数。片桐「旅の心細さと、わきたつ希望を絵の具の染みに乗せ、絵画的ストーリーを紡ぎだす、Shimi-shimiシリーズを展開しています」。木下「雲や新生児、自然現象をモチーフに、自然と人間の関係性の、未開の地へと切り込んで行く」。

    木下直人
    http://naotoknst.com/

    片桐三佳
    http://katagirimika.naotoknst.com/

  • B21佐野彩夏

    B21
    佐野彩夏

    1985年横浜生まれ、横浜美術短期大学専攻科イラストレーションクラス修了。目に見えない空間の質感を描く。同一個体に複数の物を組み合わせることで生まれる違和感から、空間の何かに潜む「何か」を視覚表現する。

    佐野彩夏
    http://ayakasano.com/

  • B22Rerere

    B22
    Rerere

    白砂孝洋(建築家)
    日本大学理工学部海洋建築工学科卒業後、小宮功建築設計事務所等を経て独立。独立してからの作品は「我孫子の家」、「ポノポノ」が竣工。

    木内聡子(美術作家)
    広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科卒業後、エジンバラ美術大学大学院art, space & nature修了。平面作品など中心に作品作りをしています。

  • B23石黒昭

    B23
    石黒昭

    30歳を過ぎた頃から作家を志し、独学で絵を学ぶ。 欧米の美術館などでよく見かけられるデコラティブペイントの技術をベースに、あるイメージの表層をすりかえることによりリアルとアンリアルの価値観を問い掛ける手法で油彩やアクリル絵の具で描いた作品を制作している。

    石黒昭
    http://ishiguro-ya.com/

  • B24studio仕組

    B24
    studio仕組

    メンバー:河内晋平(代表)、小野崎理香、播本和宜、福島拓朗、望月俊孝 「株式会社studio『仕組』はものつくりに関わる相談窓口です。 『仕組』は工芸家、大工、デザイナー、映像制作者からプログラマーまで、各業界の職人達から構成された『職人組合』です。やりたい事はあるが実現するための方法に迷ったら、どのような些細な事でもstudio『仕組』にご相談ください。『ものつくり』や『アーティスト』に関わる、あらゆることの相談を受け、制作支援やプロデュースを行います。まずはご相談を。」

    studio仕組
    http://www.studio-shikumi.jp/

  • B25阿部静 + 岩永かおる

    B25
    阿部静 + 岩永かおる

    阿部静
    1988年東京都生まれ、2008年横浜美術短期大学絵画コース卒業。「生きること・死ぬこと・吸収すること」を主題に、平面・立体・パフォーマンスなどの手法で表現を行う。また近年は、幼少の頃から続けている「書」を通して、身体から自ずと出てくる線を思考している。

    岩永かおる
    1986年横浜市生まれ、2010年東北芸術工科大学洋画コース卒業。自然の光や植物をモチーフに、多彩なエネルギーのある絵画を制作している。新・港区では、素材を変え大作を制作していきたい。アーティストユニット「ギャンソンゴリラ」所属。

    阿部静
    http://sites.google.com/site/sizucaabe

    岩永かおる
    http://kaoruiwanaga.iinaa.net/

C Zone

  • C1中村恩恵/Dance Sanga

    C1
    中村恩恵/Dance Sanga

    ジリ・キリアンが率いるNDT(ネザーランドダンスシ アター)にて活躍の後、2007年にDance Sanga を横浜に設立。社会に対して、また現代社会に生きる人間に対して、舞踊が担うべき“役割”や“可能性”について思索し、実践に繋げて行くことを主軸として活動を展開している。Noism、K-Ballet、新国立劇場などの委嘱作品も多数手がける。オランダGolden Theater Prize、ニムラ舞踊賞、舞踊批評家協会新人賞、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、江口隆哉賞などの受賞歴をもつ。

    中村恩恵
    http://www.meguminakamura.com/

  • C2ハンマーヘッド ギャラリー

    C2
    ハンマーヘッド ギャラリー

    入居者、ゲストチームがテンポラリーに活用する、主にビジュアルアート系のための空間。約105㎡

  • C3ハンマーヘッド ホール

    C3
    ハンマーヘッド ホール

    入居者、ゲストチームがテンポラリーに活用する、主にパ フォーマンス系のための空間。約150m²。
    設計:東京都市大学手塚貴晴研究室+手塚由比

  • C4BankART Hammer-Head

    C4
    BankART Hammer-Head

    BankART1929が国内外から招くゲストアーティスト用のスタジオ。個人作家の他、海外の組織や続・朝鮮通信使関連のチーム等が活用している。

C Zone

  • D1a松本秋則

    D1a
    松本秋則

    不思議美術家。1951年生まれ。1978年より創作活動を始め、現代日本美術展、日本国際美術展、ヘンリー・ムーア大賞展など数多くに出品する。1992年五島記念文化財団の助成で、1年半アジア7ヶ国で少数民族の芸能を研究。1999年、第9回バングラデシュ・アジア・アートビエンナーレでグランプリを受賞。現在は美術館、ギャラリー、公園、民家などさまざまな場所でサウンド・インスタレーションを展開中。

  • D1b銀河観音・sachi庵(庵主・高杉嵯知)

    D1b
    銀河観音・sachi庵(庵主・高杉嵯知)

    1997年、佛教大学加行課程修了。知恩院にて僧籍少僧都を得、1999年より水墨観音画を描く。2000年より個展『銀河観音』を横浜・京都・鎌倉・銀座・鹿児島・米国にて開催。中国とベルギーでの国際展やルーブル・国立新美術館にて展示。新聞連載、雑誌、CM、テレビ、ラジオ出演。著書『銀河の彼方より』。東久邇宮文化褒章受賞。

  • D2メビウスの卵展 FORESTudio

    D2
    メビウスの卵展 FORESTudio

    メンバー:石黒敦彦(研究者、武蔵野美大・倉敷芸術科学大学大学院非常勤講師)、原倫太郎(造形作家)、峰若菜(体験型立体絵本作家)。今年20周年を迎え全国を巡回中の「メビウスの卵展」、25周年の「“来るべき芸術”のためのワークショップ」の拠点。またメビウス展に参加する造形作家、研究者たちの制作・メンテナンス・研究・展示実験のスタジオ。つねに新たな「芸術的実験」と「試験展示」、研究会などが行われている。

    原倫太郎
    http://www.hfj-ami.jp/

  • D3タカノ綾

    D3
    タカノ綾

    画家。埼玉県生まれ、多摩美術大学卒業。カイカイキキ所属。主な個展に「Stars, owersand honeynight」(シーボルトハウス/ライデン/2011)、「世界の間」(Kaikai Kiki Gallery Taipei/台 北/2010)、「Artiste du New Pop SWR3 2010」(Frieder Burda美術館/バーデン=バーデン)、「Reintegrating Worlds」(スカルステッド・ギャラリー/NY/2009)、「Tradition and modernity」 (ミロ美術館/バルセロナ/2007)、「タカノ綾」(リヨン現代美術館/リヨン/2006)等。

    タカノ綾
    http://gallery-kaikaikiki.com/2010/07/aya_takano/

  • D4aアートファミリー

    D4a
    アートファミリー

    アートファミリーとは、造形作家チームによるスタジオの名称。現在は、芸術兄弟(三田村龍伸+渡邊トシフミ/2008年結成)、牛島陽子、ゲストアーティストのAKIINOMATAが構成メンバー。ここ新・港区のスタジオでは、各人の制作活動はもとより、ゲストアーティストを招聘しながら2年間運営を行なっていく。
    代表:三田村龍伸。1980年神奈川県生まれ。江古田ユニバースディレクター。

  • D4bBankART AIR 2012 D

    D4b
    BankART AIR 2012 D

    B2と同じチーム。岩間正明(1947年大阪市生まれ、インスタレーション)、三浦かおり(東京生まれ、インスタレーション)、 三宅由梨(2007年ロンドン大学ファイアート科彫刻コース卒 業)、ラファエロ・リマ(1984年ブラジル生まれ、日本在住、絵画)、渡邊聖子(鳥取県生まれ、写真を使った表現)。

    岩間正明
    http://billpopeye.exblog.jp/

  • D5深沢アート研究所

    D5
    深沢アート研究所

    美術家の山添joseph勇と、美術家・緑化研究者のカブによるアートユニット。2003年設立。世田谷区深沢の研究所を拠点として、現代美術 を基軸とした〈こども造形ワークショップ〉〈緑化活動〉を主な活動とする。最近の活動としては、「東京ホタル」、六本木アートナイト2012」、「新・港村 - BankARTLife III」、「食と現代美術」、「清水建設CM」。Kids Workshop Award最優秀賞受賞。

    深沢アート研究所
    http://www.hukalabo.com/

  • D6a中川達彦

    D6a
    中川達彦

    大阪生まれ。PHスタジオのメンバーとして数々のプロジェクトに携わる。その傍ら主に現代美術の作家の作品の撮影を中心に活動。昨年行われた『新・港村』では公式カメラマンとして記録を担当。その際撮影したポートレートのフラッグによる展示も行なった。

  • D6bプロップ・ポジション

    D6b
    プロップ・ポジション

    代表:小杉浩久。1963年三重県生まれ。1989年明治大学工学部建築学科卒業、1988〜1992年川村正士建築設計事務所、1993年〜PHスタジオ参加、1999年プロップ・ポジション設立。主に住宅・別荘・店舗設計を中心に活動している建築設計事務所。

  • D7ハンマーヘッドキッチン

    D7
    ハンマーヘッドキッチン

    入居者ためのサービスキッチンとして機能。ソファ席が90 以上あり、入居者の共有スペースとして海が見えるくつろげる空間。

Events

2014.3.28(Fri)― 4.6(Sun)

ハンマーヘッドスタジオ新・港区『撤収!』展

スタジオ主催

この春、ハンマーヘッドスタジオ 新・港区は、予定通り2年間の活用を終えます。今回のファイナル展はこれまで開催してきた通常のオープンスタジオとは少し異なり、ここをベースに私たちは何を行なってきて、どこにいくのかを、より積極的な展覧会という形式を通して行なうものです。展覧会と同時にニ年間のスタジオ内外での活動の様子をおさめた冊子(240頁)も発刊します。

日時:2014年3月28日(金)-4月6日(日)12:00-19:30
オープニングパーティ 3月28日(金)19:00-21:00
クロージングパーティ 4月5日(土)19:00-21:00

観覧料:500円(但し会場で500円分使用できるクーポン付き)

主催 撤収!展開催実行委員会
   (住民会議+BankART1929+新港ピア活用協議会)
共催 横浜市文化観光局
問い合わせ  BankART1929 045-663-2812 shinminatoku@bankart1929.com

チラシ(PDF)はこちら→ http://shinminatoku.bankart1929.com/download/exhibition140328.pdf

Archives

1.10-11 定例オープンスタジオ

新年最初のオープンスタジオ。 土曜日は、スタジオニブロールでママバッグを作るワークショップ「ママ マスト メイク」が行われ、その間託児所となった「」LABは大賑わいでした。 スタジオ340では、ピンホールシネマのワークショップも。 トーク&ソングのゲストは、日...

  • 140110_01.jpg
  • 140110_02.jpg
  • 140110_03.jpg
  • 140110_04.jpg
  • 140110_05.jpg
  • 140110_06.jpg

12.6-8 定例オープンスタジオ

12月のオープンスタジオには、豪華ゲストが登場しました。 千葉県四街道市からやって来てくれたよつぼくん。両見英世さんがデザインした「ドラマチック四街道」のキャラクターです。ゆるキャラグランプリ2013初登場にして157位! ハンマーヘッドホールでは、女優の余貴...

  • 131206_01.jpg
  • 131206_02.jpg
  • 131206_03.jpg
  • 131206_04.jpg
  • 131206_05.jpg
  • 131206_06.jpg

11.9 ハンマーヘッドカレッジ「研ぐ+塗る」

住民有志が持ち回りで運営する講座シリーズ「ハンマーヘッドカレッジ」。この日は住民のアーティスト・珱麻さんのコーディネートで、新潟から塗師の川上泰さんをゲストにお迎えして漆塗りのワークショップが行われました。 色や模様、長さが違う箸を各自選びます。材木は鉄木やマ...

  • 131109_01.jpg
  • 131109_02.jpg
  • 131109_03.jpg
  • 131109_04.jpg
  • 131109_05.jpg
  • 131109_06.jpg

11.1-2 定例オープンスタジオ

11月のオープンスタジオは、関内・関外のデザイナーやアーティストが一斉に仕事場を公開する関内外OPEN!5の参加プログラムとして行われました。 ハンマーヘッドギャラリーでは、住民を含む有志による初の展覧会「水際・瀬戸際・壁の裏」を開催。 シンポジウム「クリエイ...

  • 131101_01.jpg
  • 131101_02.jpg
  • 131101_03.jpg
  • 131101_04.jpg
  • 131101_05.jpg
  • 131101_06.jpg

10.4-5 定例オープンスタジオ

10月のオープンスタジオを節目に、スタジオの住民をとりまとめる区長と副区長も第3期メンバーに交代。 初日の夜には、新区長・副区長からの挨拶で、乾杯が行われました。 お揃いのTシャツで遊びに来てくれのは、横浜トリエンナーレサポーターのご一行。 高杉嵯知さんのイベ...

  • 131004_01.jpg
  • 131004_02.jpg
  • 131004_03.jpg
  • 131004_04.jpg
  • 131004_05.jpg
  • 131004_06.jpg

Access

住所:新港ピア 横浜市中区新港2-5

横浜みなとみらい線
馬車道駅 6番出口[赤れんが倉庫口] 徒歩約10分
みなとみらい駅 5番出口[けやき通り口] 徒歩約10分

ご来場の際の注意事項

新港ふ頭内は、原則、関係者以外の立ち入りは禁止です。
安全管理上、決められたルート以外に建物の外には出ないようお願いします。
新港ふ頭内に来場者用の駐車場はありません。公共交通機関をご利用 ください。

Contact

BankART1929 新港ピア事務所

Tel045-663-2812
Fax045-664-3353
Mailshinminatoku@bankart1929.com