Archives

11.1-2 定例オープンスタジオ

11月のオープンスタジオは、関内・関外のデザイナーやアーティストが一斉に仕事場を公開する関内外OPEN!5の参加プログラムとして行われました。

131101_01.jpg

131101_02.jpg

131101_03.jpg

131101_04.jpg

131101_05.jpg

ハンマーヘッドギャラリーでは、住民を含む有志による初の展覧会「水際・瀬戸際・壁の裏」を開催。

131101_06.jpg

131101_07.jpg

131101_08.jpg

シンポジウム「クリエイターが街にすむこと-シェアスタジオの可能性」では、Open-Aの馬場正尊さんを司会進行役に、槌屋詩野さん(Hub Tokyo/東京)、佐々木龍郎さん(宇徳ビルヨンカイ/横浜)、嶋田洋平さん(北九州家守舎/北九州)、広瀬毅さん(ボンクラ/長野)、内山博文さん(月島荘/リビタ)、田中陽明さん(co-lab/東京)、肥山達也さん(横浜市文化観光局)らをパネラーに迎えてシェアオフィスの運営の在り方や街との関わりについて議論。

131101_09.jpg

131101_10.jpg

131101_11.jpg

131101_12.jpg

131101_13.jpg

131101_14.jpg

131101_15.jpg

131101_16.jpg

131101_17.jpg

131101_18.jpg

131101_19.jpg

131101_20.jpg

131102_01.jpg

131102_02.jpg

中村恩恵さんのダンススタジオでは、公開レッスンが開かれました。

131102_03.jpg

131102_04.jpg

131102_05.jpg

131102_06.jpg

高杉嵯知さんのトークイベントゲストはポーラのクリニック院長でNPO法人さなぎ達理事長の山中修さん。

131102_07.jpg

131102_08.jpg

131102_09.jpg

131102_10.jpg

131102_11.jpg

131102_12.jpg

131102_13.jpg

131102_14.jpg

131102_15.jpg

131102_16.jpg

131102_17.jpg

阿部静さんが制作・演出を手がける「送り狼と迎え狼」横浜初公演も行われました。

131102_18.jpg

131102_19.jpg

131102_20.jpg

131102_21.jpg

(撮影/中川達彦)